ちいさな個展シリーズ その8 『夢の電車』開催中です

cafe and zakka 花いかだ さんでのちいさな個展シリーズ その8 末岡さんの個展 『夢の電車』開催中です 。(2014.11.5~12.4)。

運転
電車を運転する私

川井先生の解説より


久子さんは、いつも電車の絵を描きます。

でも、電車そのものに興味があるのではありません。
久子さんの夢は、路面電車の運転手になることなのです。

久子さんは、繰り返しそのテーマを描くことで、その夢を体現し、その喜びを画面全体に溢れさせています

ヘッドマイクを着けてハンドルを握り、お客さんを乗せて電車を走らせる久子さん。
運転手さんたちと楽しそうに語り合う久子さん。

久子さんの夢の電車をどうぞ観にいらしてください。


DSC_0416

 

仲間入り

運転手に仲間入り

 

まぶしい

男子の運転手さんが”マブシイ”

 

結婚

運転手さんと結婚したい!

ちいさな個展シリーズ その7 『夢の博物誌』

cafe and zakka 花いかだ さんでのちいさな個展シリーズ その7 梅澤くんの個展 『夢の博物誌』の様子です 。(2014.9.11~11.4)

kuro

川井先生の解説より


絵の中に不思議な生き物たちがうごめいています。
ゲームや漫画のキャラクターのように見えますが、実は彼自身が即興的に創り出したオリジナルです。
それらは、彼の頭の中で生まれ変転万化しながら、さもそのように日々自然に生活しているようです。
近ごろは、パソコンのYouTubeをみてイマジネーションを膨らませているようですが、出来上がったイメージを描写、再現するのではなく、筆を持った瞬間から何かに導かれるように描き始め、停まることなく一機に描き終えるのです。
こうした絵画表現をオートマチックドローイングとも言いますが、原始的なプリミティブ表現と最先端のデジタルイメージが結びついて生まれた新しい表現世界です。
私たちは、これらの作品を通して、これまで出会ったことのない不可思議な生き物の世界を覗き見ているようです。


梅澤くんの不思議な世界! ぜひご覧になってください。
DSC04336DSC04337DSC04339DSC04340DSC04344DSC04345DSC04341

ちいさな個展シリーズ その6 『僕の絵日記』開催中です

cafe and zakka 花いかだ さんでのちいさな個展シリーズ その6 村下くんの個展 『僕の絵日記』開催中です 。(2014.8.9~9.16)

川井先生の解説より


いつもの「絵夢の会」での様子。

「今日は何を描こうか?どこか行ってきたかな?」、

「うん、僕、先週の日曜日、お父さんとお母さんと一緒に・・」

こうして村下くんの制作が始まります。

村下くんの、色鮮やかなフェルトペンの線を駆使して描く世界は、電車、水族館、プールと、日々のくらしの中の楽しい思い出を素直に書き留めた絵日記なのです。

どこか、あの山下清を彷彿とさせる表現は、見る人の幼い日の記憶を呼び起こし、ほんぼのとした心情へと誘ってくれます。

DSC_0351 DSC_0358 DSC_0359 DSC_0366

ちいさな個展シリーズ その5 『抽象と具象』

cafe and zakka 花いかだ さんでのちいさな個展シリーズ その5 本田くんの個展 『抽象と具象』の様子です 。(2014.7.15~8.8)
川井先生の解説より


本田くんの絵には二面性があり、詩やお話しをもとに描く情感にあふれた愛らしい具象画と、彼の意識の中にある不可思議なイメージを抽象的に表現したものが、これまで同時的に描かれてきています。これら両者の表現はいずれも美しく、本田くんの天性の色彩感覚を感じます。近頃は抽象的な表現が多くなりつつある本田くん、頭の中でもがくように探りながら本格的な絵画表現を目指しているように見えます。

DSC_0337

DSC_0342

上段は「抽象」、下段は「具象」の表現


honda-g1

花や太陽を愛らしく描いています(具象表現)


honda-c1

ロドリゲス(抽象表現)


絵を撮影するときに、ライトが写ってしまいました。ごめんなさい。

ちいさな個展シリーズ その4 『白い絵皿』開催中です

cafe and zakka 花いかだ さんでのちいさな個展シリーズ その4 林田さんの個展 『白い絵皿』開催中です 。(2014.6.15~7.14)。

 

川井先生の解説より


林田さんの頭の中はさまざまな無数のイメージで溢れています。ドラえもんの四次元ポケットのように次から次へと浮かんでくるイメージ、それは、彼女自身が設定したジャンルに沿って分類され、彼女は休む間もなくドローイングし続けるのです。

今回は、紙皿や紙コップに描いていて、特に新作の紙皿には複数のお気に入りのものたちが組み合わされて描かれ、色鉛筆のうすく優しい色合いが紙皿の白い地肌に染み入るように美しく、やさしく、そして独特のかわいい表現を実現しています

DSC04272 DSC04273 DSC04279 DSC04280

ちいさな個展シリーズ その3 『うたの絵本』開催中です

DSC_0246

cafe and zakka 花いかだ さんでのちいさな個展シリーズ その3 福島くんの個展 『うたの絵本』開催中です 。(2014.5.15~6.14)。

福島くんはものがたりや詩を絵にすることが好きな青年です。お話の中に登場するさまざまなシーンをかわいく穏やかな表現で魅力的に描き出します。絵の元となった詩とともに飾りましたので、合わせてお楽しみください。

うたの絵本

「ぞうさん」、「はとぽっぽ」など皆がよく知っている童謡を読んで描いた「うたの絵本」シリーズ↑

のはらうたを描く手作り本

工藤直子さんの詩集「のはらうた」を読んで描いたシリーズ↑

(工藤さんと出版社 「童話屋」さんにはご了承いただいています)

ちいさな個展シリーズ  その2『パンちゃん・パンちゃん・パンちゃん』開催中です

gasyu_maoi

cafe and zakka 花いかだ さんでのちいさな個展シリーズ その2 佐伯くんの個展 『パンちゃん・パンちゃん・パンちゃん』開催中です 。(2014.4.15~5.14)。

展示してある約40枚の絵はすべて、佐伯くんが幼少の時からかわいがっているレッサーパンダのぬいぐるみのパンちゃんを描いたものです。大きなパンちゃん、細長いパンちゃん、笑っているパンちゃん、むっつりパンちゃん、いろんなパンちゃんをお楽しみください

DSC03613

20140222mao1