みんなの作品展 in 花いかだ vol.7

◆お知らせがおくれました。新作展示「みんなの作品展 in 花いかだ vol.7」  (2016年11月2日~2017年3月頃まで展示予定)

dsc08362

黒部のcafe and zakka 花いかださ んでの展示入れ替えを、11月2日に行いました。全体展としては7回目となります。このような長い間、ずっと絵夢の会の作品を飾らせて頂きありがとうございます。これからもよろしくお願いします。次は春ごろ、入れ替え予定です。

dsc08351

dsc08340 dsc08341

◆何枚かを個別にご紹介

・daisukeくんの絵。色使いが見事です。にじの絵とのこと。虹をこんなふうに表すなんて、本当に個性的で素敵です。

dai20161102


erikoさんの作品

16枚をタイル風に飾りました。一枚一枚全部猫の表情、しぐさが違います↓

eri20161102

カルガモの行列。一枚一枚描いていくのですが、とってもいい具合につながって行きます。かわいいです♪↓

eri20161102-2


・junichiくんの作品

彼は絵も良いですが、タイトルも、こだわっていつも自分で考えます。

この絵のタイトルは、「流れるさわやかな輝き」です

jun20161102


・maoくんの作品

いつものレッサーパンダ「パンちゃん」の下にあるのは、本人いわく、「おばけ」のこと。最近、20年以上描き続けていたパンちゃん以外の絵もたまに描くようになったmaoくんです。でも、一番好きなのはやっぱりパンちゃんを描くことのようです。

mao20161102


・takahiroくんの作品

彼の頭の中には、素敵な動物の物語がいっぱいあるのです。

いつか絵本になったらいいなと思います。

taka20161102


・kazukiくんの作品

相変わらずの彼独特の世界観です。最近、絵夢の会には勤務先の用事と重なり、あまり参加できていないのですが、絵はずっと描いているとのこと。前にはなかった、「女の子を描いた作品」もあるそうなので、いつか見たいですね。

ume2016112


・2016年10月に「デフォー」さんで個展を開いたばかりのatsutakeくんの作品

個展が励みになって、その後もどんどん作品は増えているそうです。この絵も個展には飾っていなかった新作品です。この作品ではないですが、教室では最近太マジックをつかった新しいタッチの作品も描いています。

uchi20161102


・yoichiroくんの作品

観ていて、つい微笑んでしまう絵です。彼は日記のように、行ったところ、体験したことをを絵にします。色マジックを使って、素早く、それでいて丁寧に描きあげます。

yo20161102

 

◆追記 2017年1月25日に絵の一部を入れ替えました。

近いうちにこのHPでご報告いたしますが、絵夢の会の2017年のカレンダー(4月~3月までの年度カレンダー)を作成する予定です。全体展VOL.7として2016年11月から花いかださんに飾ってあった絵の何枚かをカレンダーに使用予定なので、花いかださんにお願いして引き取りにきました。代わりに、新作を飾ってあります。何枚かだけの入れ替えですが、よろしければ、花いかださんでご覧になって下さい。

img_3272

広告

 「妖精が生まれるとき 内堀惇丈展」盛況のうちに終了  

dsc01978

atsutakeくんの個展 「妖精が生まれるとき 内堀惇丈展」

(2016年10月6日~18日 ギャラリー もるげん ・・デフォー 子どもの本の古本屋 2階)

は盛況のうちに終了しました。ゲストブックには120名ものお名前がありました。本当に大勢の方に来て頂いたと思います。ありがとうございました。

あらためまして、atsutakeくんの絵を観に来て下さった皆さま、会場をお貸しくださったばかりか、個展を協賛くださり、いつも温かく見守って頂いて随時、個展の様子をfacebookで発信してくださったデフォーの田中さんはじめスタッフの皆さま、指導して下さっている川井昭夫先生、取材していただいたメディア関係の皆さま、協力していただいた皆々様、ありがとうございました。

atsutakeくん、atsutakeくんのご家族の皆さん、展示や宣伝、声掛けなど協力した絵夢の会のメンバーもお疲れ様でした♪

dsc01954

dsc01956

dsc01980


◆展示の様子

日々の展示の様子は「デフォー 子どもの本の古本屋」さんが随時、facebookに、書いてくださっていました。(デフォーさんのfacebookページはここをクリック。) ありがとうございました。

絵夢の会のfacebookページでもシェアさせていただきました。(facebookに慣れてなくて、シェアの意味、ようやく理解しました。。(;^ω^))

以下、展示の様子です。

デフォーの階段を上っていくと、ギャラリー もるげん があります。

階段を上がって、ギャラリーを見渡すとこのような感じです。秋らしい素敵なお花はatsutakeくんの勤務先から届いたそうですよ♪嬉しいですね。

dsc01954

以下、壁ごとに、紹介いたします。↓

階段の壁(東壁)にもatsutakeくんの絵↓

dsc01960


階段の突き当り(南壁)には本棚。子どもの書籍の間に絵がかざられています。↓

dsc01959

壁の額↓

img_2824


南から西への壁↓ 今回は、子どもの本屋さんの2階ということで、小さなお子さんが見やすいようにと、どの絵も低めに飾りました。

dsc01970dsc01966dsc01952


西側の壁にあるのは、ギャラリー もるげんのアクセントになっているきれいな青色の棚です。↓

透明パネルに入った9枚のカードが、飾られています。卵の殻に描かれた作品もあります。

dsc01958

atsutakeくんに、卵の殻に描いてみたら?というアイデアは川井先生。まさに卵から妖精が生まれてくるようです。

卵を空っぽにするために、atsutakeくんやatsutakeくんのご家族は奮闘されたそうですよ(笑)。

カラが割れちゃったこともあるとか。たくさんの卵料理ができたでしょうね(^◇^)

dsc01973


北側の壁↓

ひとつひとつのキャラクターが大きめにかかれている絵が5枚飾られています。

妖精くんたちの表情や形がそれぞれ、みんな違います。

dsc01957


テーブルにはスケッチブックが5冊。このスケッチブックはatsutakeくんがいつも持って歩いている宝物なんです。↓

すべてのページにatsutakeくんが生み出した妖精くん、妖精ちゃんがぎっしりと詰まっています。

デフォーさんがピンクのかわいい椅子を用意して下さっているので、ゆっくり座って見ることもできます。

dsc01964dsc01967

スケッチブックのアップ↓

こちらは比較的初期の頃のスケッチブック。この頃は、一枚に掛かれるキャラクターはそう多くありません。

atsutekeくんは、何のキャラクターを描いたか、ご家族に説明していたそうで、お母さんがメモをのこしてます。

この「せんぷうき、お母さん、妹、お父さん、おにいちゃん、カニ、冷蔵庫。。。」などのメモと照らし合わせながら観ると一段と面白いです。

img_2819
img_2821 img_2822

最近の絵↓

最近は、どんどん細かい絵になってきて、次から次とキャラクターが浮かんでくるみたいです。

「もう、メモはとれなくなってしまいました」とお母さんは笑っていました。

dsc01977


川井先生による個展の解説です<原文まま>

img_2849

内堀惇丈さんが描く世界には、不思議な可愛い妖精たちがあふれています。それらは時にして大好きなアイドルであったり、ポケモンに登場しそうなキャラクターのようです。

それらは折々に彼が興味の視線を向けたものたちなのですが、決してそれそのものの姿ではなく彼独自の詩的で物語性に満ちた変容が為されており、不思議で浮遊するようなシーンが演出されています。

一人黙々と目を近づけて描き続け、手を休めて考えることはないのです。ひとつ描き終えるとすでに次の絵を描きはじめているのです。

そして驚くべきことに、これらの膨大な数のキャラクターは、ひとつとして同じものがないのです。

このことは、彼の興味が常に新たなものを描き出すことにのみ向けられているということです。

ともすればシャボン玉のように消えそうな気配を漂わせながらも、実はたいへん安定した持続性のある表現世界を持ち合わせている所以でもあるのです。

               川井昭夫(画家)


期間中、atsutakeくんはお母さんとともに、度々 ギャラリーもるげんに顔を出していました。

ご来場された方々から、たくさんの温かいお言葉を頂き、照れながらも、とって嬉しそうなatsutakeくんでした。
個展を機会に、今まで以上にスケッチブックに向かうことが多くなったそうです。

ますます絵を描くことが好きになったatsutakeくん、これからも素敵な絵をたくさん描いてくださいね。

atsutakeくんから皆さまへ感謝のメッセージボードです。(最終日に1時間かけて作成)

img_2875

本当にありがとうございました。

これからも、atsutakeくんや絵夢の会のメンバーの作品を見守っていてください。よろしくお願いします。

個展 「妖精が生まれるとき」の新聞記事

atsutakeくんの個展、様々なメディアに取り上げて頂きました。

記事をご覧になって個展に足を運んでくださった方も多いと思います。

ありがとうございました。


2016年10月7日 朝日新聞記事↓

%e6%9c%9d%e6%97%a5%e6%96%b0%e8%81%9e20161007%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%82%b0


2016年10月7日 北日本新聞記事↓

(記事写真はデフォーさんのfacebookから頂きました)

%e5%8c%97%e6%97%a5%e6%9c%ac%e6%96%b0%e8%81%9e20161007%e3%83%87%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc


2016年10月14日 毎日新聞記事↓

%e6%af%8e%e6%97%a5%e6%96%b0%e8%81%9e%e5%86%85%e5%a0%80%e3%81%8f%e3%82%932016-1%ef%bc%90-14


2016年10月15日 富山県市町村新聞 記事 ↓

個展の準備段階から取材していただきました。

%e5%af%8c%e5%b1%b1%e7%9c%8c%e5%b8%82%e7%94%ba%e6%9d%91%e6%96%b0%e8%81%9e%e8%a8%98%e4%ba%8b20161015


新聞だけでなく、富山シティエフエムさんでのラジオ出演

ケーブルテレビ富山でのテロップなども。

ラジオでは、atsutakeくん本人もインタビューに答えるかたちで出演しました。

「ありがとうの気持ちを描きました」という言葉が印象的でした。

取材をして頂いた皆様、ありがとうございました。

 

「妖精が生まれるとき」 内堀惇丈展 ギャラリー もるげん

◆お知らせです♪

このたび、メンバーのatsutakeくんの個展を開催することになりました

gasyu_uchihori


◆タイトル

アールブリュット 小さな個展シリーズ・1

妖精が生まれるとき 内堀惇丈展

◆場所

ギャラリー もるげん

「デフォー 子どもの本の古本屋」 2階

930-0083 富山市総曲輪2-7-12(西別院駐車場そば)

◆日時

2016.10.6(木)~10.18(火)

am 11:00~pm 5:00 (水曜定休)

主催:絵夢の会

後援:北日本新聞社

協賛:デフォー 子どもの本の古本屋


デフォーは、子どもの本の古本屋さんです。ちいさな子どもたちに良い本を安価に提供したいという思いで始められたそうです。1階の店舗には、子どもの本や手遊びのお人形がとてもかわいく置いてあります。読み聞かせ等のイベントもおこなっておられます。

デフォーさんのHPデフォーさんのfacebookページ

img_2751

 

そしてその店舗の奥にある、

これまたかわいい階段を上って行くと・・・

 

 

 

(2階から見下ろして撮っています)

全体がまっ白で、アクセントにきれいな青が印象的な、とっても素敵なギャラリー「もるげん」があります。

縁あって「もるげん」をご紹介いただきデフォーさんに伺ったところ、とても親切にしてくださり、ぜひ、絵夢の会の展示会に使ってくださいと言っていただき、協賛もしていただくことになりました。大変感謝しています。

今回は、不思議で可愛い生き物(妖精)をスケッチブックいっぱい描いているatsutakeくんの作品が、ファンタジックな「もるげん」にピッタリではないかということで、彼の個展を開催することとなりました。

デフォーさんも、HPfacebookページで展示会のことをお知らせくださっています。

絵夢の会を指導して下さっている川井先生は、何度も「もるげん」に足を運び、個展の作品を選んだり、飾り方を考えたりしてくださっています。

案内状 ↓  (デザイン:川井先生)

%e6%a1%88%e5%86%85%e7%8a%b6%e3%81%8a%e3%82%82%e3%81%a6%e4%b8%ad

%e6%a1%88%e5%86%85%e7%8a%b6%e3%81%86%e3%82%89%e4%b8%ad

 

「もるげん」にatsutakeくんが生み出す妖精たちが跳びはねているようなそんな展示会になると思います。

みなさま、ぜひ観にいらしてください。お待ちしています。

展示会の様子はまたお知らせいたしますね。よろしくお願いします。

内堀

2015.05たまごの殻アート

2015.04

みんなの作品展 in 花いかだ vol.6

◆新作展示「みんなの作品展 in 花いかだ vol.6」  (2016年6月28日~10月まで展示予定)

黒部のcafe and zakka 花いかださ んでの展示。6月28日に作品の入れ替えをさせていただきました。花いかださんでの全体展として6回目となります。いつも作品を飾らせて頂きありがとうございます。

pict1

◆いくつかご紹介します。

・erikoさんが最近よく描くのは、お天気シリーズです。

かわいい雨雲や雷雲の絵↓

eri20160628chg

・junichiくんの抽象画

学生時代は具体物をよく描いていたjunichiさん、社会人になってからは↓のような抽象的な美しい絵を描くようになりました。黒と緑で表すとても美しい絵です

jun20160628chg

 

・maoくんの絵

かわいいレッサーパンダのぬいぐるみ「パンちゃん」を描くmaoさん

最近絵のタッチが変わってきました。マリーローランサン風?

mao20160628chg mao20160628tri

10月ごろに、また次の絵を飾らせて頂けたらと思います

みんなの作品展 in 花いかだ vol.5

◆新作展示「みんなの作品展 in 花いかだ vol.5」  (2015年冬~2016年早春の作品。 2016年3月9日~6月頃まで展示予定)

黒部のcafe and zakka 花いかださ んでの展示。花いかださんでは、個展も含め2014年1月からずっと絵夢の会の絵を飾っていただいています。 昨年の10月にvol.4を展示させていただいてからいつのまにかかなり月数が経ちましたので、このたび、作品展示の入れ替えをさせていただきました。

今回は、2015年の冬から2016年1、2月に描いた新作と数年前の懐かしい作品をミックスした作品群です。全体展として5回目となります。

3、4ヶ月飾らせて頂いて、また新作をVol.6として展示させていただけたらと思います。

hanaikada

DSC07227DSC07226

★作品をいくつか紹介

・erikoさんのお天気&虹シリーズ

タイル型やお皿をまあるく並べたら、彼女の絵の可愛さがますます可愛くなりました♪

eri_tenkitile

雲と雷のシリーズ。タイル型に飾りました

eri_tenkisara

虹、空、海が彼女らしいかわいい絵で表現されています。紙皿の表を使ったり裏を使ったり、彼女のこだわりが感じられます。(写真、下が切れてしまいました。ごめんなさい)

 

・takahiroくんの虹の絵

taka_niji

takahiroくんは、いつも詩を読み、心に浮かんだ情景を絵にします。この虹と小鳥の絵も、詩の一場面です

 

・youichirouくんの絵日記シリーズ

DSC07235

自分の体験を日記のように描き続けているyouichirouくんです。この絵はお祭りの思い出のようですね。

 

・junichiくんの抽象画

DSC07239

最近ますます魅力的な抽象画を描くjunichiくんです。黄色がとてもきれいです。

 

皆さま、よろしければ、花いかだに観にいらしてください。よろしくお願いします♪

展示会「アール・ブリュット◎高岡 ~ココロノチカラ・イロ・カタチ~」に参加

高岡市手をつなぐ育成会とアートNPO工房ココペリさんが企画運営された展覧会「アール・ブリュット◎高岡 ~ココロノチカラ・イロ・カタチ~」(平成27年12月5日~12月20日、高岡市美術館 市民ギャラリー)に、ココペリさんからお誘いをいただき、絵夢の会も参加させていただきました。

20151205-20アールブリュット

この展覧会では、滋賀県にあるボーダレス・アートミュージアムNO-MA所蔵の作品達や、トランク・プロジェクトという試みによって集まった県外の個性的な作品達、そして県内で活動する作家達の作品が展示されました。

◆「アール・ブリュット◎高岡 ~ココロノチカラ・イロ・カタチ~」について(ココペリさんのfacebook記事へのリンク)

◆トランクプロジェクトで運ばれた作品たち(ココペリさんのfacebook記事へのリンク))

◆NO-MA所蔵の作品が展示会に(ココペリさんのfacebook記事へのリンク)

◆展示会の様子その1(ココペリさんのfacebook記事へのリンク)

◆展示会の様子その2(ココペリさんのfacebook記事へのリンク)


絵夢の会でも、ほとんどのメンバーが展覧会を観に行きました。みんな、自分たちの絵が飾られていて、とてもうれしかったようです。そして、県内外の素晴らしい作品を観て、感動したり、びっくりしたりしました。また、自分たちの絵の特徴などを再認識できたようにも思います。とても良い経験になりました。

展覧会にお誘い頂き、絵夢の会の作品を取りに来てくださったり、丁寧なやりとりでお世話下さったココペリの井上理事長はじめ、絵夢の会の絵をとても素敵に展示して下さったココペリのスタッフの皆さまに感謝致します。ありがとうございました。

また、いつものことながら、お忙しい中、展覧会に出品する絵を一人一人時間を掛けて選んでくださった川井先生、ありがとうございました。

最後になりましたが、展覧会を観に行ってくださった皆さま、「飾られていましたね」と、声をかけてくださった皆さま、どうもありがとうございました。

2016年もよろしくお願いいたします